《気を遣いすぎて疲れた人☘️》同じ笑顔なのに、周りからの態度や接し方が変わってくるのはなぜ?

ブログ

 

ゆき
ゆき

こんにちは、セラピストのゆきです♪

最近私は、同じ笑顔でも「人から慕われる笑顔」と「人から付け入られる笑顔」というものがあるのかなと気付きました。

今回の動画では、この笑顔の違いについて詳しくお話してみました😊

 

 

心からの笑顔と作り笑いの違いについて

笑顔って結構周りに伝染しますよね😊

笑顔な人を見ているだけでにこやかな気持ちになれます。

でも、時によってはいつもニコニコしているからこそ、周りからは「いつも呑気なやつだ」と誤解を生んでしまう事もあるのだと思います。

「この子には何言っても大丈夫」という風に無意識の間で、下に見られてしまう事も。

その笑顔の違いってなんだろう?とずっと考えてたんですよね🤔

今日はその事に関して私なりの考えを話していきたいと思います!

イジりがどんどんエスカレートしていった過去

私もよく笑うタイプで自分で言うのもなんですが、周りからよくチャームポイントをあげるなら絶対お顔だよね!と言われておりました。

なので私は普段から笑顔を忘れないように心がけています。

 

そして学生時代はいじられキャラでもあったのですが、例えどんなに傷つく言葉でイジられて自分の心が傷ついたとしても、笑って見過ごしていました。

それは、「皆が笑ってくれればそれでいいや」的なほぼ諦めに近いような感覚かと。

それでイジりがどんどんエスカレートしていったという事がありましたので、なんでも笑って見過ごす事は、相手に「何言っても大丈夫だ」という風に誤解を招いてしまうのかなと思いました💡

どんな時も人との距離感を忘れずに

それでも私は大人になった今でも笑顔を忘れていませんが、以前の職場についた頃に、その笑顔の評判が凄く良かったんですよね✨

きっとこの違いって、人と自分との距離感の問題だと思うんですね。

 

親しき仲にも礼儀ありというように、まずは相手への配慮が大切で、それに加えて自分自身の接し方によって相手と良い距離感を保てるのだと思います!

良い距離感を保てるような慕われる笑顔もある事に気付きました。

今からこの違いについてのポイントを纏めてみますね↓

ポイント①自分を売っているかどうか

「自分を売っている」というのは、「自分を犠牲にした笑い」なのかなと。

本当は周りからジョークを言われて傷ついているはずなのに、そこに対して自分の思いを言い返せずに周りに流されてしまうと、相手に誤解を招くような原因になってしまう事も^^;

 

自分の考えとか自分軸というものをしっかり心に持っていないと周りに流されてしまいますよね。

周りに流されてしまうという事は、周りのいいなりになってしまう状況に陥る事もあると思うんですよね。

それは自分を安く売っているという事なのかもしれません。

自分を犠牲にして、自分を売ってまで、周りからのいい評判を買う必要は全くありませんよ。

自分への優しさ忘れていませんか?

よく「他人は自分の写し鏡」という言葉を耳にする事があります。

なので周りからちょっと舐められたような態度を取られてしまった時とかそう感じる時って、もしかしたら自分自身をおざなりにしている証拠として映し出されているのかもしれません。

つまり自分自身への接し方が、周りからの態度にも反映されるのではないかと。

 

自分自身を大切にして自分の意見というものをしっかり持って過ごしていたら、

周りからもそれが勇気として映し出され皆に良い影響を与える事が出来ると思います🌈

皆が心から笑顔で溢れる世の中になっていけたら良いな✨

 

今日もお読み頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました