誰だって自信はどこまでも磨き上げれるよ٩( ‘ω’ )و✨

ブログ

 

ゆき
ゆき

こんにちは、セラピストのゆきです♪

今回は自分に自信が持てないという方に向けて何か生きやすくなるようなヒントになれば良いなと思い動画を撮ってみました!

自信がないと何に対しても億劫な気持ちになってしまいますよね…🤔

それは心が「本当に大丈夫かな…?」と見えない未来に不安になっている様子なのだと思います。

心から安心させてあげる為にも、「不安や過去に打ち勝つ」という経験が大切になってきます🌈✨

その経験を積み重ねる事で自分に対しての信頼が出来上がり、心が不安に負けずらくなります💪

人生を変えられるのは、他の誰でもない自分自身。

 

 

 

試練や現実から目を背けていた過去

以前の私は目の前に乗り越えるべき壁や課題が立ちはだかった時に、

心に不安を抱えているだけで乗り越えようと努力する意識が足りていなかったんですよね(^_^;)

出来ない部分や不足感にばかり目を向けて、出来ないことに対して嘆いているだけで何も変わろうとしなかった部分があったんですよね。

嘆いているだけでは現実は変わりませんよね。

そんな過去を振り返ってみて、そういう時に一番必要なものは自分を信じる力なのかと思います!

やはり自分を信じて行動出来る人は、

その訪れた試練や出来事に嘆く時間もなく、

現状から「どう改善していくか」その可能性の部分に凄く目を向けていられるからこそ早めに抜け出せると思います✨

愚痴は一時的な解決にしかならない

例えば周りの方にもあてはまる方がいるかもしれませんが、

会社の不満ばかりを言って、ただ愚痴を聞いてもらう事でストレスを発散している人。

確かに心のモヤモヤを口に出すだけで、心がスッキリするかと思いますがそれは一時的な解決にしかなりません

つまりどこかしら自分自身に諦めている部分があるから、変わろうとしないのかなと思います。

根本から解決しないと現実は変わらないので、またその状況を繰り返す事にも繋がるんですよね。

では一体、その自分を信じる力ってどう積み重ねていけば良いのでしょうか?

親(表層意識)と子ども(無意識)のお話

これはあくまで私の例え話なのですが、

普段考えて生活している自分の意識を表層意識として、意識出来ていない自分の事を無意識とします。

そして、この表層意識が親と例えるなら無意識は子供であります。

少なからず子供は親を見て吸収して成長していきますよね。

これは皆さんに想像して頂きたいのですが、その見本となる親が現状に不満ばかりを抱いて嘆いているだけの姿を見せていたらその子供の気持ちはどんな感覚になると思いますか🤔?

きっとその姿を見た子供は「なんか頼りないな…」と感じるかもしれませんよね。

その姿に子供は、ついていきたいとは思えないと思うんですよね。

子供である内側の意識(無意識)って、親である私達(表層意識)の様子を凄く見ていて、

「今迄どんな姿を見せてきたか」とか「どんな選択をしてきたのか」という過去の経験も全て心の中のデータとして積み上がっているのです

このデータが自信というものに凄く密接しているのだと思います

自信をつけるには信頼を得る経験を積み重ねていく事が大切

なので自分を信じて変わっていく前向きな姿を見せているとそれはきっと自信に繋がる大切な経験になったりするんですよね

壁を乗り越えた経験が過去に一度でもあると、それが「乗り越えてきたからこれからも大丈夫♪」という風に自分を信じられる勇気となると思います。

心が不安や不満という弱さに負けない、心の強さ

私達表層意識が口だけではなく行動して変わっていく姿を積み重ねていく事で心(無意識)がついてきて鍛え上げられるものだと思います😊

ここまで長くなりましが、自信というものは無意識の部分(心)が表層意識に対する信頼を表しているのだと思います

自分を信じて自分の手で良い未来へと切り開く事で、自信というものは必ずついてくるはずです🌈

 

最後までお読み頂きありがとうございました^^

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました